Tigers X Cats

5匹の猫さんたちと阪神ファンの飼い主の日常。可愛い猫さんたちの写真を日々たくさん載せています♡♥

保護猫ムーアさんの出産④5匹目は胎児残留でした。

おはようございます。トラコです。

 

今日も引き続き、出産についてです。

胎児残留

f:id:Gomez-cat:20180227210509j:plain

朝8:00過ぎにやっと出産が終わったのですが

ムーアさんはまだ険しい顔をし苦しそうにいきんでいました。

レントゲンを撮った時に「子猫は4匹」と言われていたので

頭数はあっているのですが

お腹を触ってみるとまだ子猫が残っている感じがします。

 

再度獣医さんへ連絡。

「もう少し、様子を見てください。」

 

この獣医さんは終始この対応だったので、

今回の出産をいつものかかりつけでなく、

近所の動物病院にお願いしたことを激しく後悔しました。

 

ムーアさんが出産した日は

たまたまかかりつけ病院の休診日だったのですが

翌朝になり、かかりつけ病院に電話して事情を説明すると

 

「すぐに連れてこれるようだったら連れてきてください。

お腹に子猫が残っている可能性が高いです。」

とおっしゃっていただきました。

病院へ行く準備をしているときにムーアさんは第五子を★産しました。

 

★産した子は後ろ足などが形成されておりませんでしたので

産まれた瞬間に★産だとわかりました。

非常に残念ですが母親のムーアさんが無事で何よりです。

 

f:id:Gomez-cat:20180222131309j:plain

 

5匹目を★産したあとは、ぐったりした様子ではありましたが

顔が険しい表情から柔らかい表情に変わっていました。

f:id:Gomez-cat:20180222053937j:plain

それをみて「出産が終わった」だなと実感しました。

 

ムーアさん、長い間よく頑張りました!!

出産お疲れ様でした!!

そしておかあさんおめでとう。+゚(゚´Д`゚)゚+。

 

 

その後、再度病院へ連絡し、

その日はムーアさんの体調を配慮し動物病院には行かず、

翌日、産後の処理を含めかかりつけの獣医さんに診ていただきました。

その際★産した子猫さたちの供養を一緒にお願いしました。 

 

産後必ず病院へ行く必要はありませんが

産後しばらくしても食欲がなかったり、

不正出血や分泌物が1週間以上続いたり、

腹部をいたがるようでしたら

獣医さんに相談することをおすすめします。

 

産後は産褥熱、子宮内膜炎、子宮蓄膿症、

子癇、乳腺炎等の病気になる可能があります。

また産後の母猫は、とても神経質になっていると思いますが

注意深く様子をみてあげてください。

 

以上が保護猫ムーアさんの出産体験記になります。

 

猫さんは基本、自力で出産と育児ができると言われています。

出産時のムーアさんは私に手助けを期待していたようだったので

介助しましたが、必要以上に手助けをしない方がよいでしょう。

 

 

それでは今日もよい一日を+。(o・ω-人)・.。*

 

ランキングに参加しています。

クリック応援よろしくお願いいたします。 

 にほんブログ村 猫ブログへ