Tigers X Cats

5匹の猫さんたちと阪神ファンの飼い主の日常。猫さんの記事だけご覧になりたい方はカテゴリーを「Cats」で絞ってご覧ください。

パチョレック君を里子に出しました。

おはようございます。

少し前になるのですが、パチョレック君を里子に出しました。

f:id:Gomez-cat:20170614231257j:plain

まだ完全には離乳が済んでおらず、

ドライのごはんとムーアさんからのミルクを

併用する段階で里子に出すには、

まだ少し早いタイミングだったのですが

パチョレック君の状態の問題と

今回のお話がとても良いご縁がだった

ということもあり、

里子に出すことに決めました!!

 

パチョレック君は、

一番最初に産まれた子です。

危ない子から産むと言われている通り

他の子と比べると体は一回り以上小さく

発育もやや遅めで成長に心配がある子でした。

 

パチョレック君は、

寂しがり屋で甘えん坊でとても臆病でした。

お母さんのムーアさんが大好きで

一日中べったりとくっつき離れない子でした。

f:id:Gomez-cat:20170614235611j:plain

 

どんなときでも、いつも離れませんでした。

f:id:Gomez-cat:20170615000159j:plain

ムーアさんの育児放棄が始まったときは、

ムーアさんを求めて、ひとり一日中鳴き叫び、

癇癪を起こしたり、鳴きすぎてひきつけや

痙攣を起こしたりして

とても大変なおもいをしました。

 

その後しばらくして、

パチョレック君は鳴かなくはなりましたが

ひとりでゲージの奥に籠って

出てこないことが増えました。

f:id:Gomez-cat:20170624184232j:plain

他の2匹の子猫さんがおもちゃや爪とぎに

興味を示したり部屋の中を探検したりする中、

パチョレック君だけは、静かにゲージの奥にいるだけ。

たまに出てきても、じっとしているだけ。

 

私がゲージの奥から出そうと

少し触れただけでも、シャーシャーと威嚇し、

全力で噛まれたりもしました。

 

食欲は普通にあり、

ゲージの中に入れておいた子猫用のごはんを

きちんと食べていたようなので

衰弱するようなことはなかったのですが、

表情に覇気がなく、

うつろな顔をして時々こちらの様子をみては、

一日中寝る生活になってしまいました。

 

トイレはなかなか覚えられず、

頻繁にお粗相するため、

こちらもゲージの中から

なかなか出すことができずに困りました。

結局、最後まできちんとトイレは

覚えられませんでしたが・・・(;´д`)

 

私ではどうすることもできず、

病院で神経系や脳系の病気などがないかどうか

診てもらったのですが

あまりに小さく、障害なのかまだわからない

とのことでした。

 

その時に病院の先生から

「もしかしたら、母親に捨てられたことが

多大なるストレスになっていて

今の生活環境をガラリと変えないと

難しいかもしれないね。」と言われたのを

きっかけに里親探しを始めました。

 

里親さんは、

職場の同僚に紹介してもらいました。

同僚の知り合いの親戚の近所の人(?)だそうですw

 

 

里親さんの家は東京都の秘境と呼ばれる、

とてものどかな場所にあります。

その為、完全な室内飼いではありません。

ただ、現在の環境をガラリ変え、

のびのびと暮らしていける環境にあります。

 

また里親さんの家は

2人のお子さん、旦那さんと旦那さんの父母、

曾祖母の8人家族に6歳の先住猫さんもいます。

常に家に誰か家にいるおうちだそうなので

きっと寂しがり屋のパチョレック君も

寂しくなることはないでしょう。

 

この事が決め手になり、

里親さんにお願いすることにしました。

f:id:Gomez-cat:20170615005449j:plain

これは、兄弟最後の3ショットです。

この頃はまだ兄弟猫さんたちとも

仲良くできていましたが

その後、兄弟猫さんすら

一切受け付けなくなってしまいましたが・・・。

 

 

実は、昨日、里親さんから、パチョレック君の

近況報告と写真が送られてきたんです♪

 

里親さんからのメールには

「パチョレック君はヤンチャ過ぎて困るくらい

元気です。」

と書かれていました。

 

確かに写真のパチョレック君は

我が家にいた時とは 別人(猫)のように

生き生きした表情をしていました。

体も大きく成長し、

そしてまるまる太っていました!

 

写真を見ただけで

里親さんの家でとても元気に健やかに楽しく

大切にしてもらって暮らしているとわかり、

 

とてもとてもとても安心しました。

里親さんにお願いして本当に良かったです!

 

 

これでやっと心の荷を降ろすことかできたので

ブログに書きました。

パチョレック君の幸せをこれからもずっと祈っています。 

 

 

 

当ブログにご訪問いただき、誠にありがとうございました。

あなたにとって、本日も素晴らしい一日でありますように゚+。(o・ω-人)・.。*

 

ランキングに参加しています。

1日1回クリックで投票出来ます。応援よろしくお願いいたします。

 

人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村