Tigers X Cats

5匹の猫さんたちと阪神ファンの飼い主の日常。

保護猫のムーアさんの妊娠③猫の出産準備。

こんばんは、トラコです。

今日も、保護猫のムーアさんの妊娠についてです。

 

妊娠50日をすぎたあたりから、出産に向けて準備を始めました。

出産に必要なものはネットで調べたり

獣医さんと相談しながら揃えていきました。

 

猫の出産準備のために私が実際に用意したもの

出産前
  • 産箱
  • へその緒を切る消毒済のハサミ
  • へその緒を縛る木綿糸
  • 清潔なタオルやガーゼ 複数枚
  • 保温用のタオル、毛布
  • ペットシート(ワイドサイズ)
  • 産湯のための洗面器
  • 動物病院の緊急連絡先
  • カメラ、携帯など録画機器
産後
  • 計り(キッチンスケール)
  • 湯たんぽ等の保温器具
  • 子猫用ミルク、哺乳瓶、シリンダー

f:id:Gomez-cat:20170606234810j:plain

まずは「巣」となる産箱ですが、

やや大きめの段ボールに新聞紙やタオルなど敷いたもので大丈夫です。

 

猫さんは出産場所として、薄暗く落ち着ける場所がよく

柔らかい物が敷かれた場所を好むそうです。

 

我が家には適当な大きさの箱がなかったので

LOHACOで猫グッズやお米などを買い、段ボールを調達しました。

そして段ボールの中に毛布やタオルを置き、その上にペットシートを敷きました。

 

産箱は慣れさせるためにも、早めに準備することをおすすめします。

また産箱は、出産後の汚れたものから、移し替えるために

2箱以上用意しておくと便利だと思います。

 

我が家では出産までの間、このように他の猫さん達の遊び場と化したので

毛布やペットシートは産まれる直前に敷きました。

f:id:Gomez-cat:20170607001215j:plain

ペットシートは、出産時の出血や羊水などの水分を

しっかり吸収してくれたので、出産時にはとても役に立ちました。

 

赤ちゃんが産まれてからも

しばらくは母猫、赤ちゃん共に産箱で過ごすので

毎日換えてあげられるよう複数枚用意すると良いと思います。

 

また産箱をでたあとも、我が家には他に猫さんがいるので

子猫さんたちが危なくないよう、

子猫さんたりだけしばらくはゲージの中で過ごさました。

その際、お粗相対策でゲージ内にもペットシートを敷きました。

 

茶トラのパチョレックくんは、トイレをなかなか覚えられなかったので

このペットシートは非常に重宝しました。

 

今回利用したのは、ユニチャームのデオシート(ワイドサイズ)と

ダイソーで購入した大判サイズのシートです。

特にデオシートは、吸収が早く臭いも吸収してくれたのでおすすめです。

 

その他のものですが、洗面器は家にあるものを使い

ハサミや木綿糸などは直前にダイソーで購入しました。

 

それとムーアさんの出産は2月ととても寒い時期でしたので、

産まれた赤ちゃんが産箱の中でも寒くないよう保温対策で

湯たんぽやホッカイロなども用意しました。

 

また産まれた子猫さんの体重を量り日々健康管理を行うために

キッチンスケールも用意しました。 

 

ムーアさんは初産だったことと元々の気性の問題で

「育児放棄してしまった場合必要となりますので

念のため用意しておきましょうか。」と獣医さんから言われ準備しましたが、

産後はムーアさんがしっかりお母さんをしてくれたので

あまり必要ありませんでした。

 

 

明日は月曜日なのでお休みします。

出産については、時間のあるGWに書こうと思います。