Tigers X Cats

5匹の猫さんたちと阪神ファンの飼い主の日常。猫さんの記事だけご覧になりたい方はカテゴリーを「Cats」で絞ってご覧ください。

保護猫のムーアさんの妊娠①妊娠発覚!妊娠30日~40日前後の話。

こんばんは、トラコです。

 

今日から3日に渡って保護猫のムーアさんの妊娠について書こうと思います。

f:id:Gomez-cat:20170606153550j:plain

里親先から出戻ってきたムーアさん。

 

しばらくは普通に過ごしていたのですが

だんだんと餌をあまり食べなくなり、

元気もない様子で寝ている時間が増えました。

 

おなかを撫でているとピンク色の乳首が膨らみ目立ってみえ

なんとなくおなかが膨らんでいるような気がしました。

f:id:Gomez-cat:20170710123259j:plain

ちょっとわかりづらいのですが、

毛の上からでも乳首が視認できるくらいの大きさになっています。

通常の場合は毛で隠れてみえないです。

 

まさかと思い、動物病院に連れて行くと妊娠が発覚しました。

里親さん先で妊娠した模様です。

 

最初は先生の触診で「おそらく妊娠しているね」と言われ

その後、超音波(エコー)検査をしました。

 

猫さんの妊娠は、獣医さんによる触診や胎児の心音を聞く聴診などで

行われたりしますが、最終的な妊娠の診断は、

超音波検査やレントゲン検査などで判断されるそうです。

 

ムーアさんの場合は、おなかの様子から

ちょうど妊娠30日前後くらいだと判断され、超音波検査になりました。

超音波検査では、妊娠20日前後たっていれば、

妊娠の有無、正常妊娠かどうかがわかります。

ただ超音波検査では赤ちゃんの頭数や赤ちゃんの状態まではわかりません。

 

それは、レントゲン検査で確認できるのですが、

妊娠40日前後たっていないとおなかの中が映らずわからないそうです。

 

ムーアさんはその後10日後にレントゲン検査をしました。

レントゲン検査で、ムーアさんのおなかに中には

赤ちゃんが5匹いることがわかりました。

 

診察にかかったお値段は超音波検査が3,000円+再診料(500円)で、

レントゲン検査が4,000円+再診料(500円)でした。

加えて血液検査(白血病、エイズなど)を行うと+3,000円位かかります。

ムーアさんは保護した時に行っていたので今回はしませんでした。

 

動物病院へ連れて行った後のムーアさんの写真です。

f:id:Gomez-cat:20170227170326j:plain

だいぶおなかがぽっこりしています。

( ※写真に写っているのは私の相方さんです。)

 

40日を過ぎるとムーアさんは非常に食欲旺盛になり、

体重も倍近くに増えてきました。

寝る時間も増え一日中寝ているか食べているかの生活になりました。

この頃はいつも眠そうにしていて、寝ぼけ眼でご飯を食べていました。

f:id:Gomez-cat:20170606161420j:plain

動物病院の先生からは、

「猫は妊娠すると神経が過敏になり

性格が攻撃的になるので、できるだけスキンシップは控え

静かに過ごさせてください」

と言われていたのですが

ムーアさんは逆にとても甘えん坊になりました。

 

私の相方さんにべったりです。

f:id:Gomez-cat:20170710122650j:plain

f:id:Gomez-cat:20170710122730j:plain

 

私が帰ってくるとゴロゴロ喉をならしやってきて

撫でてほしいらしく膝の上に乗ってくるようになりました。

今はまたクールな猫さんに戻ってしまったので寂しいです(っε・`*)ショボン

 

 

妊娠中のムーアさんの食事は、この頃から

サイエンス・ダイエットの「妊娠・授乳期用」をあげていました。

 

妊娠用のフードは、高カロリーで消化率が高く作られているだけではなく

過度の動物性たんぱく質を押さえて、良質のたんぱく質を与えることで、

肥満を防止して胃腸への負担を軽減してくれるのでおすすめです。

 

通販や大きめのホームセンターなどで手に入ります。

お値段はやや割高です。

 

また高カロリーで栄養価が高くバランスが良いものとして

子猫さん用のフードもあげていました。

妊娠・授乳期用」のフードが手に入らない方にはおすすめです。

 

ただ急にフードを別のものに代えてしまうと

猫さんによってはあわなくて下痢をしたり便秘をしたりする猫さんもいます。

妊娠後期になるにつれ、腸が圧迫され便秘気味になるので注意が必要です。

 

ムーアさんも出産前には、かなりの便秘になったため、

水をたくさん飲むように水場を増やしたり、

水をまめにかえたり、ウエットフードをあげたりして対応しました。

 

動物病院の先生いわく、たくさん量を食べれる猫さんは

いつものフード(総合栄養食)でも特に問題はないそうですが、

食事の量や回数を増やすと肥満や嘔吐、

消化不良による下痢の原因にもなるので、

様子をみながら対応してください。とのことでした。

 

 

当ブログにご訪問いただき、誠にありがとうございました。

あなたにとって、本日も素晴らしい一日でありますように゚+。(o・ω-人)・.。*

 

ランキングに参加しています。

1日1回クリックで投票出来ます。応援よろしくお願いいたします。

 

人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村